ロールスクリーンの人気

使い心地はカーテンよりもすっきり

ロールスクリーンは大きなスクリーンを本体のなかに内蔵されたスプリングで、巻き上げて昇降させる構造です。巻き取る方法にはプルコード式と、チェーン式の2つに分けられます。プルコード式はコードを引き下げ、上げる場合はもう1度コードを引っ張ることでロックが外れます。チェーン式は輪になったチェーンや紐が本体に付いていて、これを回す事でスクリーンを昇降させます。価格はどちらの方式でも変わらないので、用途と好みで選ぶことができます。ロールスクリーンを利用するときに注意するべきことは、スクリーンを横に繋いで付けられないことでしょう。基本的なロールスクリーンの企画幅(製作可能寸法)は200cmまであります。これよりも広い幅のスクリーンもありますが、種類が限られてきます。ブラインドとの違いは、スクリーンの構造です。ロールスクリーンは大きな1枚生地で造られていますが、ブラインドは水平に羽が重なっています。

こんな使い方があった

ロールスクリーンというと洋室の窓という固定観念があります。ですが、意外と和室に使う事だってできるんです。ロールスクリーンはシンプルな見た目で、生地を巻き取ってしまえば10cm弱くらいに納まってしまいます。窓の周辺をすっきりさせたい場合、最適なアイテムといえます。また外からの視線を避けるだけでなく、部屋の間仕切りとしても使えるんです。素材はポリエステルなので耐久性があり、汚れてしまったら洗濯することも躊躇わずに行えます。和室の窓に障子の変わりにロールスクリーンを使えば、素材によって手すき和紙のような風合いも得られます。裾を少し上げることで外の様子が垣間見え、雪見障子のようなおしゃれな演出にもなります。